フィリピンに移住するならどこの街?

のんびりと常夏の島で暮らしてみたい!将来は海外移住したい!という日本人に、フィリピンは人気の移住先となっています。

フィリピンは、大都会と大自然、豊かさと貧困が混ざり合う新興国。

どうせ住むなら快適な暮らしがしたいものですが、どこのエリアに住むのが正解なのでしょうか?

 

もちろん、個人によって好みはありますが、オススメは断然メトロマニラのフォート・ボニファシオ(BGC)です。

BGCは、今フィリピンで一番発展している都市。

同様に経済成長の中心地となっている、マカティ市の隣にあります。

 

とにかくBGCは、街の整備が綺麗です。

道も舗装されており、建物はモダンなものばかり。

ここでは発展途上国の雰囲気はまったく感じられません。

マカティよりも、街の美しさで言えば断然上です。

ちなみにマカティからBGCへは、渋滞していなければタクシーで10分ほど。

 

おしゃれで落ち着くカフェやレストラン、公園、そして日本食街など何でも揃っており、日本に住んでいるのと変わらないクオリティの生活ができます。

ユニクロもありますが、フィリピンではユニクロは富裕層が買い物をする、ちょっとした高いブランドです。

 

また、治安が大変良いところも、日本人におすすめしたい理由です。

富裕層が多いこの地域は、犯罪率も低く、安心して暮らすことができます。

フィリピンは治安が悪いというイメージを持っている人は多いかもしれませんが、BGCに来ればそんなイメージは一掃されてしまうことでしょう。

日本人が多く住んでいる高級コンドミニアムは、基本的に24時間セキュリティがあります。

また、ほとんどの住居にジムとプールがあって、運動もできます。

 

物価に関して言うと、BGCは日本とあまり大差ありません。

食材なども少し安い程度です。

コンドミニアムに関しては、35平米あたりで月6万円程度、50平米くらいだと月10万円程度です。

東京の郊外の相場と近いですね。

東南アジアに住むのは物価が安いから!という理由だと、BGCはちょっと難しいかもしれません。

ただ、住める環境と部屋のクオリティで比較すれば、東京で部屋を借りるよりもよっぽどラグジュアリーなものになるでしょう。

相対的に見ればやはり割安と言えます。

 

マカティなどの勤務しながら、BGCに暮らす日本人駐在員は多いです。

しかし、朝は渋滞がひどいので、車で10分でも1時間くらいかかってしまうことも。

それが唯一の難点かもしれませんね。

BGCにオフィスも住居もあれば最高だと思います。

 

今後BGCには、さらに多くの高級コンドミニアムが建設されていきます。

自分で住むために購入するのももちろん良いですが、資産運用のために不動産を購入する人も多いですよね。

価格はどんどん上がっていきますし、欲しい物件は早めにおさえておきましょう。

 

E-PLUSのフィリピン視察ツアーでは、BGCももちろん見ることができます。

どんな暮らしが待っているのか?住み心地はどんな感じなのか?

実際に目で見て、コンドミニアムにも泊まって、体験ができます。

一度足を踏み入れるとその発展ぶりに圧巻してしまうBGC。

ぜひ視察訪問してみましょう!

https://e-plus-japan.com

 

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら