質の高い日本語教師が不足しているフィリピン

フィリピンには日本語学校が数多くありますが、中には不正規なものもあり質の低さが問題視されています。

無資格な教師がデタラメな授業をしていたり、教師の日本語レベルがまったく教えるレベルに達していなかったり・・・。

現在、外国人の技能実習制度に介護職種が追加され、日本で働けるフィリピン人を育成する運動が進んでいますが、このままの日本語学校の質では、実際に勤務できる人材を輩出するのが難しい状況です。

彼らは国家試験にも合格する必要があるため、外国語である日本語で取り組むとなると、かなり高いハードルになります。

しかし、ホスピタリティの高いフィリピン人の中には、日本で介護士や看護師として人助けをしたい、という人大勢にいるのです。

せっかく日本や日本語に興味を持って学ぼうとしているフィリピン人がいても、正しい教育を受ける場がなければ、彼らの力を借りることもできません。

 

この問題の背景には、ネイティブ日本語教師の不足があります。

フィリピンでは、日本語を自分で勉強して教えているフィリピン人が多いのです。

特に地方では日本語教師は足りておらず、日本に留学したことのあるフィリピン人が教師となっている場合がほとんどです。

しかし、彼らのレベルは日本語能力試験(JLPT)のN4にも達していなかったりするため、当然そんな教師から習う生徒の日本語力は上がりません・・・。

 

日本語教師の供給が間に合っていない理由としては、雇用形態が不安定であることなどが挙げられます。

日本語教師の資格を持ち、海外で日本語教師になろうと思っても、結局職としては安定しておらず、賃金も安いため、諦めてしまう日本人が多いのです。

 

フィリピン人と結婚している、フィリピン在住の日本人もいますが、わざわざボランティアで派遣されてくる日本人もいます。

主に、フィリピン人が日系企業で働くための社員研修などを行なっています。

需要に対する教師数はまったく足りていないのが現状です。

 

そして、日本語教師に対する研修も不十分です。

日本語をただ知っているだけで教えられるわけではありません。

日本語教育専門家の育成や教師の日本語力を上げることは、大きな課題となっています。

 

この問題に対処するため、国際交流基金マニラ日本文化センターでは、2005年より「日本語教育研究コース」、2007年より「日本語教師ブラッシュアップコース」、「日本語教育学概論講座」、「日本語教授法実習講座」などを実施しています。

マニラのみならず、セブやバギオなどの地方都市でも講座は開設されています。

また、フィリピン人日本語教師の日本語力を上げるために、初級、初中級、中級、上級の教師対象講座も開講されています。

さらに、中等教育でも日本語教育を展開していくために、2009年からは高校教師を対象にした研修も行われています。

 

少しずつではありますが、質の高い日本語教師の育成は進みつつあります。

今後は、無資格では教えられないように管理するシステムも必要かもしれません。

日本語が話せるフィリピン人が増えれば、双方にとって大変大きなメリットがあります。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら