フィリピンのちょっと迷惑な大家族

日本人男性がフィリピン人女性と結婚した話はよく聞きますが、もちろんその逆だってあります。

日本人女性がフィリピンの家に嫁いだパターンです。

これはこれで、独特の苦労話があるようです。

 

まず一番大変なのは、家族の名前を覚えること。

日本のような核家族とは違い、両親と子供はもちろん、おじいちゃん、おばあちゃん。

兄弟も多く、4〜5人の子供がいるのは当たり前です。

さすが、人口増加が進んでいるフィリピン!

そして親戚が集まる際には、いとこやはとこ、その子供の子供・・・などなど、総勢100名以上になることもあるのだとか。

そんな大人数の名前と顔を一致させるのは、簡単ではありません。

一度紹介されたからといって、覚えられないでしょう。

 

そんな大大大家族でも、せまい家にみんなで訪ねてきます。

夏休み中などは十数名の子供たちとその親を含め、20人以上が同じ屋根の下で過ごすのだそう。

寝るときは、本当に足の踏み場もない状態になり、プライバシーはまったくなし。

家中のあらゆる部屋に、誰か人がいるような状態です。

 

フィリピンは家族を大事にする文化とはいえ、現代の日本人にはかなり厳しい環境ですよね。

しかも、こうやって家族はたくさんいるのに、みんなあまり働かないのだそうで、だからこそ女性が大黒柱のようになって、海外へ出稼ぎするんですね。

しかも、日本人と結婚したり、良い会社に就職するなどして経済的に豊かな家族がいると、みんなその1人にお金を貸して欲しいと言ってきます。

家族が仲良しで、困った時は助け合う・・・という文化のようですが、それは単なる甘えや依存なのでは?と思ってしまう側面もあります。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら