セブ移住のメリットとは?

フィリピンは日本人の移住先として今大人気です。

将来セカンドライフを送る場所として、コンドミニアムを購入する人も多いです。

特にマニラのマカティやグローバルシティなどの経済都市として発展しているエリアは、次々と新しくコンドミニアムが建設され、プレビルドの状態で販売されています。

しかし、フィリピンの魅力はマニラだけではありません。

「住みやすさ」を考えたときに候補先として挙がるのは、セブです。

 

マニラよりも治安がよく、きれいな景色、海、遊び場、そして素晴らしい気候があります。

移住するならセブ!と感じている人は、ぜひそのメリットを知って欲しいと思います。

 

■物価が安い

物価が安いのは、フィリピン・セブの最大の魅力の1つです。

すでに日本である程度のお金を稼いだ人であれば、そこそこ贅沢な暮らしができます。

現地のローカルフードなどは1食100円程度で済ますことも可能ですし、そこそこ良いレストランへ行っても1,000円もかかりません。

また、移動はほとんどタクシーになりますが、こちらも初乗り100円程度と激安。

日本で電車生活するよりも安いです。

ちなみに人件費も安いため、月1万円以下でメイド(家政婦)を雇うことも可能。

多くの日本人駐在員や、現地で仕事をする日本人は、メイドに家事を全てやってもらい、自由で優雅な生活をしています。

 

■過ごしやすい気候

海外に住むにあたって、気候というのは非常に重要な要素です。

セブは1年中ほとんど気温が大きく変動せず、温暖で快適な気候となっています。

日本のように四季があるわけでもないので、基本的に服装も夏服だけで大丈夫です。

住むなら寒い場所は嫌!暖かいところがいい!という人には特におすすめです。

特に歳をとってからだと、日本のように気候の変化が激しいと体もきついですよね。

その点、安定して暖かいというのは嬉しいと思います。

 

■英語が通じる!

一口に海外といっても、言葉の壁というのは大きいものです。

その点、セブは英語がほぼどこでも通じます。

同じ東南アジアでも、タイやベトナムとはここが大きく違うんです。

英語が話せる人は、フィリピンに馴染むのにそう時間はかからないでしょう。

街の中の看板表示や書類などの文章も、基本的にすべて英語です。

 

■日本食のレベルが高い!

いくら夢の海外暮らしを実現しても、「食」が合わなければ辛くなってしまいます。

セブの日本食のクオリティは、他の諸外国と比べてもかなり高いです。

日本で出される料理とほとんど差がなく、美味しい和食がいつでも食べられるので安心です。

ショッピングモールには牛丼屋やラーメン屋などのようなファストフード系の日本食もありますし、「リトルトーキョー」のような日本人街には、素材にこだわった寿司や定食屋さんなどもたくさんあります。

もちろんスーパーへ行けば日本の調味料(醤油など)も手に入るため、自炊も可能です。

セブ移住が日本人に人気の理由として、日本食のレベルの高さは頻繁に挙げられています。

 

■ビザが取りやすい

海外暮らしでネックになりやすいビザの問題。

フィリピンは日本人に対してとてもオープンなので、条件に応じて様々なビザを発行してくれます。

ワーキングビザやパートナービザなど若干取得のハードルが高いものもありますが、「ロングステイビザ」を取れば1年はフィリピンに滞在できます。

さらに、35歳以上であれば「リタイアメントビザ」を申請できます。

費用は200万円ほどで、比較的取りやすいので人気です。

フィリピンと日本をいつでも自由に行き来でき、さらに住んでも働いても自由、というかなりメリットの大きいビザです。

移住者の多くは、この「リタイアメントビザ」を取得して暮らしています。

 

いかがでしょうか?

洗練された都会暮らしができるマニラも良いですが、自分にはセブの素朴な感じが合っているかも?と思ったら、ぜひ一度視察に出かけてみてください。

一度肌で感じれば、きっとセブの空気を気に入るはずです。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら