ビットコインの価格は市場操作されているのか?

ビットコインに投資しているユーザーにとって、価格の変動は最も気になるものでしょう。

短期間の間に大幅に変動するため、日々目が話せません。

2017年11月から現在までの間に、8,000ドル → 20,000ドルと、ビットコインの価格はロケットのように急上昇しました。

しかし現在はまた8,000ドルへ戻っており、さらに下落しそうな動向もあります。

 

こういった大変動が日々起こるため、多くのユーザーは一喜一憂せざるを得ない状況ですが、ビットコインの内情を深く理解しているトレーダーたちは、そこまで動揺はしていないようです。

現在の価格はまだポジティブな状態であると主張しています。

 

しかし一方で、ビットコインの価格が8,000ドル〜10,000ドルの間を行き来しているのは、市場操作されているからだと指摘する人たちもいるようです。

なぜなら、価格が急上昇した頃、ビットコインの誇大広告や採用が大規模に行われていたからです。

この時期にユーザー数が大幅に増えています。

 

これに対し「フル・ティルト・キャピタル」のマネージングパートナーであるアンソニー・ポンプリアーノ氏は、このように語っています。

「ビットコインの価格は単に自らの範囲へ戻っただけだ。日々の価格変動は私にとってそこまで興味深いものではない。今後もある範囲内でビットコインの価格変動は行われていくだろう。2018年を通じてビットコインの成長が見られるだろう。」

また彼は、「ビットコインに関するポジティブなニュースばかりが後押しされているとは考えていない」とコメントし、もっと広い視野でビットコインの価格を見るべきだとしています。

 

彼と同様に、市場アナリストであるマティ・グリーンスパン氏もまた、

「過疎通過市場が下落していると考えている人間は誰しも、もう少し視野を広げるべき。あらゆるデジタル資産の合計時価総額は昨年から330%も増加しており、あらゆる資産クラスにおいて例を見ないほどの成長である。」

と述べています。

 

つまり専門家の主張は、「市場操作が行われているわけではない」というものですね。

 

アメリカの司法省は、トレーダーたちがビットコインをはじめとするデジタル通過の価格を操作していないかどうか、操作を始めたそうです。

市場操作が行われている、と主張するロニー・モアス氏は、「今では政府が市場操作について取締を始めようとしている」とコメントしています。

彼によれば、大量の資金があれば、ビットコインの市場操作は簡単にできるはずだと言います。

 

市場操作はあるのか?ないのか?

どちらが正しいのは定かではありません。

現在の価格から、また短期間で上昇することもあるでしょう。

ユーザーとしてはビットコインの価格が多少変動しても、そこでいちいち動揺せず、長い目で冷静に観察するのが得策と言えそうです。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら