フィリピンは「グラブタクシー」でぼったくりの心配なし!

フィリピンでは、タクシーのぼったくりは日常茶飯事です。

特に、初めてフィリピンへ行くと、まず空港でぼったくりタクシーの誘いが大勢やってきます。

メーターを使わずに走り出したり、メーター自体をガムテープなどで覆って見えないようにしているタクシーなんかもあり、日本との違いに驚かされます。

また、決して治安の良い国ではないので、たかが数百円のためにドライバーと喧嘩をするようなことは絶対に避けるべきです。

ジプニーやトライシクルのような地元民が使う交通機関は難易度が高く、スリなどの犯罪も多く、初めてフィリピンへ来る日本人にはまったくオススメできません。

電車も走っていますが混んでいて乗れません。

ですので移動は基本的にタクシーになります。

 

じゃあ、フィリピンでタクシーにぼったくられないようにするにはどうすれば良いのでしょうか?

 

もし英語やタガログ語が流暢にできて、交渉が上手なら問題ないでしょう。

冗談まじりでフレンドリーにお願いできるほどのスキルがあれば、ドライバーにもなめられることがありません。

しかし日本人はそれができないから困ってしまうわけですよね。

そこで使ってみて欲しいのは「GRAB TAXI(グラブタクシー)」というアプリです。

 

これは、アメリカでいうところのUberのようなものです。

現在地と目的地を入力すれば、近くを走っているタクシーが来てくれる配車サービス。

以前はフィリピンでもUberが使われていましたが、現在は撤退してGRAB TAXIが使われているようです。

 

使い方は簡単です。

まずはアプリをダウンロードし、最初に名前、メールアドレス、国、電話番号などの個人情報を入力します。

電話番号は、日本の携帯番号でも大丈夫です。

ただし名前は、ドライバーが読めるようにローマ字(アルファベット)で入力しましょう。

 

個人情報を入力すると、メールアドレスに「Activation Code」が届くので、それをアプリに入力します。

 

あとは現在地(From)と行き先(To)の場所を入力すればOK!

アプリが近くのタクシーを検索してくれるので、来るのを待つだけです。

 

GRAB TAXIが安全な理由は、クレジットカードで支払いするため金額交渉のトラブルがないから、そしてドライバーの個人情報が登録されているからです。

空港でしつこく客引きをしてくるドライバーよりずっと信頼できます。

マニラはもちろん、セブでも広く使われています。

渡航する前にダウンロードし、クレジットカードを登録しておくと良いですよ♪

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら