フィリピン語ってどんなもの?

フィリピンには、実にさまざまな言語が存在しています。

7,000以上もの島があり、多民族で成り立っているため当然といえば当然かもしれません。

単一民族で言語が1つしかない私たち日本人にとって、彼らの持つ民族的・言語的多様性は、興味のある人にとっては非常に面白いものであると思います。

 

さて、多数の言語があるのは間違いありませんが、まず公用語として使われているのはタガログ語です。

そして英語ですね。

英語は、世界でも3番目に話す人口が多い国です。

ですので、英語とタガログ語ができればフィリピンはまず問題ない!と思うのですが、実は他にもメジャーな言語がいくつかあります。

そのうちの1つがビサヤ語です。

ビサヤ語はタガログ語よりももっとスペイン語に近く、スペイン語が分かる人とはある程度意思疎通ができるそうです。

たとえば英語で「日本」は「ジャパン」ですが、ビサヤ語では「ハポン」です。

これはスペイン語とまったく同じです。

 

また、フィリピン人同士であっても、タガログ語の人とビサヤ語の人に分かれています。

2つは別の言語なので、片方しか知らない場合は会話ができません。

ですのでフィピン人は初対面の人と話すとき、タガログなのかビサヤなのかをまず確認するそうです。

ちなみにビサヤ語の人たちは自分の言語に誇りをもっていて、公用語に選ばれなかったという悔しさがあるのだとか。

同じフィリピン人なのに外国語のように分からない、というのも私たちからすれば不思議な感覚ですよね。

 

タガログ語と英語をミックスさせた「タグリッシュ」も、フィリピンでは広く使われています。

タガログ語でしゃべっていたら突然英語になり、またタガログ語に戻る・・といった感じです。

どちらも理解できる彼らは、言いたいことによって使う言語を分けているのかもしれませんね。

また、もちろんスペイン語も混ざっています。

フィリピン人の名前のほとんどはスペイン語由来のものです。

 

ちなみにフィリピン人にとって「カッコいい言語」は英語だそうです。

スペインよりもアメリカの方がカッコいいと思っているらしく、最近では英語の名前を子供につける親も増えています。

アメリカへの憧れが強く、自分たちの話す英語もアメリカ英語だと思っているそうです。

実際はかなり訛りがあり、アメリカ英語とはまた違うのですが・・・。

とにかくスペイン語よりも英語の方が上!というのが、彼らの思想のようです。

スペインに占領されていた時代が300年もあったのに、英語の方が優勢になったのはそのせいなのでしょうか。

 

しかしながら、スペイン語がかなり残った言語「チャバカノ語」というのも存在します。

これは混ざっているというよりも、ほぼスペイン語だそうで、スペイン語話者との会話も普通にできるそうです。

日本語でいうところの「関西弁」みたいなものかもしれませんね。

 

日本人である私たちがフィリピンを訪れる際には、まず英語、そして出来るならタガログ語をやっていくとかなり生活が楽になると思います。

英語は、実が通じない人たちも存在しています。

英語人口が多いとはいえ、彼らにとってはあくまでも第二言語です。

十分な教育を受けていない子供たちは、英語を学ぶ機会がないこともあります。

 

いずれにしても、フィリピン人はとても面倒見が良くホスピタリティの高い人たちです。

多少の言葉の壁はあっても、ハートでコミュニケーションをしようとすれば、必ず通じ合えますよ!

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら