日本とフィリピンの友好的な関係

フィリピンでのビジネス展開や移住、資産運用、留学などを考える日本人は非常に増えてきていますが、日本とフィリピンの関係についてはどのくらい知っているでしょうか。
渡航前に、歴史的背景も含めて少し知識を身につけておくと、現地に行ってからも洞察が深まります。
日本とフィリピンは、1956年までは戦争状態にありました。
アメリカの支配下にあったフィリピンを救うという名目で日本が乗り出し、結果的には日本が統治しようとしていたのです。
そのため、一時期は関係がぎくしゃくしていました。
国際的に戦争状態が解消されてからは、日本は賠償金1,900億円を支払い、その後もフィリピンへの援助を続け、現在は安定した友好関係を保っています。
フィリピンが受け取るODA(政府開発援助金)のうち半数以上は日本から供与されているものです。
そのためフィリピンにとって今日本は、最も頼れる国の1つです。
また、最大の貿易相手国でもあります。
私たちが普段食べるバナナなどの果物はもちろん、魚介類や半導体などもフィリピンから輸入しています。
また逆に、日本からは電子部品や自動車部品などの工業製品を輸入しています。
さらに1980年以降はフィリピン人における日本との戦争の記憶が薄れてきており、親日家の人が非常に多いです。
外務省がASEAN6カ国を対象に行った世論調査では、フィリピンが日本に対して極めて友好的であることがわかっています。
また、日本から科学技術や経済について学びたいというフィリピン人も4割以上おり、日本企業の進出は歓迎されているようです。
フィリピンに暮らす日本人は約18,000人、日本に暮らすフィリピン人は21万人にもなると言われています。
日本語を話すフィリピン人は統計的には少ないですが、英語という共通語があるおかげで、お互い積極的にコミュニケーションがとれるようになりました。
日本からフィリピンを見ると、まだまだ発展途上であることは間違いありません。
しかし、だからこそ今日本人がフィリピンで成功できるさまざまなビジネスチャンスがあるのです。
現在インフラ整備も進められており、今後は企業レベルでも個人レベルでも、さらにフィリピンへ渡航する日本人が増えるでしょう。
  フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   Mammoth Affiliate登録用bnr   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら JAPANES BRAND ONLINE SHOP JAPAHINET   bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で BAINANCE