フィリピン留学の費用はどのくらい?

フィリピン留学は安くて人気!とはよく言われていますが、具体的にはどのくらいの金額になるのでしょうか?
細かいところまで見てみましょう!
トータルの金額は留学期間によって異なりますので一概には言えませんが、一般的には1ヶ月で30万円くらいと考えておくと良いです。
<学費>
フィリピン留学の学費には基本的に、授業料、寮費、食費、光熱費、空港送迎代が含まれています。
入学金は平均して10,000円〜15,000円ほど。
1ヶ月、3人部屋の寮に入った場合、だいたい16〜17万円です。
もし一人部屋にする場合はもっと高くなります。
このほか、部屋の掃除は別料金になっている学校もあります。
食事については基本3食つきますが、2食にしたり1食にしたりと、アレンジが効くところもあります。
また、光熱費は別料金の学校もあります。
フィリピンは電気代が高いので、エアコンを使う場合は要注意です。
<就学許可証(SSP = Special Study Permit)>
学生は必ず作る必要があります。
費用は6,500ペソ(約17,550円)ほどです。
現地で転校した場合は再度かかります。
<外国人登録証(Alain Certificate of Registration Identity-Card)>
フィリピンでの滞在期間が59日間を超える場合に必要です。
費用は4,500ペソ(約10,400円)ほどです。
これに、学校へ支払う代行手数料が加算されます。
<デポジット>
入校時に学校へ預け、何か損害があった場合に使われます。
3,000〜5,000ペソほどです。
何もなければ帰国する際に返金されます。
<航空券>
こちらは時期や航空会社により変動します。
片道3万円〜7万円くらいで、平均5万円前後です。
ハイシーズンは12月で最も高くなります。
フィリピンは往復チケットがないと入国できませんので、往復で購入する必要があります。
帰国の日程が未定の場合は復路便を利用せず、現地で格安航空券を買い直して帰ることもできます。
<海外旅行保険>
クレジットカードに付帯しているものでもOKですが、3ヶ月以上滞在する人や、心配な人は保険会社の保険に入りましょう。
プランによりますが、安ければ1ヶ月で1万円もかかりません。
<生活費・交際費>
生活費だけなら1ヶ月3万円もあれば十分です。
ただし休日に遊びに出かけたり、外食をたくさんしたいなら、もう少し余裕を持って準備した方が良いでしょう。
高くはありませんが移動にはタクシー代もかかりますし、日本へのお土産代も多少持っておくと良いですね。
いかがでしょうか?
具体的な数字を見ると、どのくらいの予算を用意すればいいか、掴めてくると思います。
いずれにしても、欧米への留学の3分の1程度の金額で留学できますので、ぜひあなた好みのプランを立ててみてくださいね!
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら