フィリピンの冬はどのくらい寒い?

フィリピンに長期滞在するにあたって、どんな服を持っていけばいいのか?
暑い国というイメージはあるけれど、冬というのはあるのか?
フィリピンの気候や必要な衣服についてご紹介します。
フィリピンの年間平均気温は27℃前後で、一年を通して大きな変動はなく、過ごしやすくなっています。
暑くても東京の夏のような蒸し暑さはなく、冬という季節は基本的にありません。
ただ、フィリピンには乾季と雨季があります。
3〜6月は一番暑い季節で、6〜10月が雨季、11〜2月が乾季にあたります。
<雨季:6月〜10月>
雨季といっても日本の梅雨のようにしとしと雨が一日中降るのではなく、ザーッとスコールが降ります。
8月〜11月は大雨で洪水が発生しやすく、7〜9月は台風が上陸します。
また、雨季は毎日雨が降るので、マリンアクティビティを楽しみたい人やアウトドアで遊びたい人は渡航を避けるべきです。
海の色も濁っています。
まとめると、雨季にフィリピンを訪れるのは得策ではなさそうです。
もし行くのなら、折り畳み傘は常に持ち歩きましょう。
<乾季:11月〜2月>
乾季の中でも12月〜1月は気温が下がり、夜になるとかなり涼しくなります。
昼間は温かく、日本の初秋のような気候です。
この時期はエアコンも不要ですし、半袖で寝ると寒いくらいです。
窓を開けたまま寝て風邪をひく人もいます。
泳ぐ予定がないのなら、とても過ごしやすい時期です。
<ベストシーズンはいつ?>
セブ島やボラカイ島、パラワン諸島などのリゾート地に行きたいのなら、3月〜5月がベストです。
暑いですが、海の色も綺麗で、ビーチで過ごすには最適の気候となります。
ビガン歴史都市やバギオ高原都市、タガイタイ高原などを訪れるなら、10月〜11月頃が過ごしやすくておすすめです。
<上着は必ず持ってくる!>
季節を問わず、フィリピンに来る時には必ずカーディガンやパーカーなどの上着が必要です。
外を歩くときは日除けになりますし、建物の中はエアコンが効きすぎていて寒いので、防寒になります。
また、高原都市などでは屋外でも寒くなります。
フィリピンの街が最も盛り上がるハイシーズンは、クリスマスです。
カトリック教徒が8割を占めるフィリピンでは、クリスマスほど重要なイベントはありません。
海外に出稼ぎしているフィリピン人も、12月にはみんな帰ってきます。
クリスマスムードを楽しむためにこの時期を狙って旅行するのも楽しいですが、ショッピングモールやレストランが休業する「ホーリーウィーク」もあるので、日程を組む前に現地の予定を調べておきましょう。
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら