フィリピンのご当地スイーツを楽しもう!

海外を訪れる際に、「食」は最大の楽しみの1つですが、甘いものが大好きな人にとっては、ご当地スイーツを試すのもワクワクすることですよね!
フィリピンにも、フィリピンにしかないご当地スイーツがあります。
洋菓子と違い、東南アジアのスイーツにはお米や米粉、タピオカ粉、ココナッツなどが多く使われます。
またフィリピンには、スペインの影響を受けた洋風のデザートも存在します。
<ハロハロ>
名前は日本でも聞いたことがあると思います!
コンビニのミニストップで、「ハロハロ」というデザートが売っています。
かき氷の上にアイスクリームやフルーツが乗ったものです。
タガログ語で「ハロハロ」は、「混ぜこぜにする」という意味です。
アイスやフルーツのほか、ココナッツやゼリー、ナタデココ、コーンフレーク、トウモロコシ、紫芋などが乗っており、甘〜い練乳や黒蜜をかけていただきます。
暑いフィリピンでは、たまらないデザートです。
<ブコパイ>
サクサクのパイ生地の中に、これでもかというほどのココナッツ果肉とカスタードクリームが入っています。
甘さも控えめで日本人の口にも合います。
マニラから車で1時間のところにある「ラグナ」や、避暑地として人気の「タガイタイ」などの銘菓として有名です。
実はマニラではあまり見かけません。
わざわざ買いに出かける人がたくさんいます。
<スーマン>
もち米をココナッツミルクと塩で味付けして蒸した、おこわのような軽食です。
いわゆる「ちまき」で、フィリピンでは朝食によく食べられています。
フィリピンの街中で売り歩く姿を見ることができます。
<タホ>
温かい絹ごし豆腐に黒蜜をかけたスイーツです。
街中で、大きなバケツに入ったタホを売っているおじさんに出会ったら、ぜひ買ってみましょう。
ヘルシーでおいしい豆腐スイーツは日本人も好きそうですね。
<ポルボロン>
スペイン・アンダルシア地方が発祥のクッキーです。
ほろほろと崩れる食感が特徴で、クリスマスなどの祝い事で食べられています。
フィリピンにはスペイン統治時代に入ってきたお菓子で、日常的に食べられています。
また、スペインではミルクとラードで作られますが、フィリピンでは粉末ミルクとバターで作られます。
アーモンドやカシューナッツなどのいろんなフレーバーがあります。
<エンサイマダ>
バター風味のやわらかいブリオッシュに、細くスライスしたチーズとグラニュー糖をトッピングした菓子パン。
こちらもスペイン生まれですが、フィリピンでは紅芋ペーストが使われるなどのアレンジが加わっています。
マニラのスーパーやカフェのサイドメニューとしてよく売られています。
ココナッツや紫芋など、いかにも南国な味がしそうなフィリピンのスイーツ、ぜひ試してみてくださいね!
だけど基本的に日本で食べるお菓子と比べると、フィリピンのスイーツはとっても甘いですので、食べ過ぎには注意しましょう!
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら