セブで行かない方が良い場所

フィリピン留学は、費用も安く距離も近いため近年非常に人気ですが、やはり治安面で不安という人も多いと思います。
欧米への留学に比べて、フィリピンは危ない!というイメージは強いかもしれませんね。
確かに日本と比べれば治安は良くありません。
しかしそれは、フィリピンだけではなく海外ならどこも同じことです。
危険な場所というのは、どこの国にもあります。
セブ留学においても、行かない方が良い場所、行ってはいけない場所があります。
また、行動や振る舞いに関しても気をつけるべきことがあります。
しかし逆に言えば、それらの事柄を守れば、安全に過ごすこともできます。
トラブルに遭っている人たちのほとんどは、自分にも非があります。
■行ってはいけない場所・コロンストリート
セブの中で一番古い通りと言われている場所で、盗品の電化製品や衣類など、ごちゃごちゃといろんなものが、格安で売られています。
昼まであれば見に行っても大丈夫ですが、基本的には私たちが買いたいようなものはおそらく無いでしょう。
偽物ブランドの商品がずらりと並び、ストリート全体は決して綺麗とは言えません。
夜になるとホームレスたちが集まり、段ボールなどを敷いて就寝の準備を始めます。
ストリートチルドレンもたくさんいます。
■夜のカルボン・マーケット
コロンストリートからサントニーニョ教会に向かったところにある青空市場です。
ローカルな飲食店やサリサリストアなどの店員は、ここで食材を仕入れています。
大変安いので、フィリピンで自炊をする人なら、利用したいかもしれません。
こちらも昼間であればそこそこ安全に見て回れますが、夜は危険です。
一見すると普通の市場のように見えますが、スリや強盗が多発しています。
カバンのファスナーも上手に開けられて、財布やスマホなどはあっという間になくなります。
■マンゴースクエア
こちらは東京でいうところの歌舞伎町のようなもので、クラブやゴーゴーバーが並ぶ歓楽街です。
若者が多く集い、お酒を飲んで歌って踊っている賑やかな場所ですが、治安は非常に悪いです。
ホールドアップに遭うトラブルが多発していますし、フィリピン人だけでなく中国人・韓国人・アメリカ人など、さまざまな外国人が酔っ払っていますので、絡まれないように注意しなくてはいけません。
もしもどうしても行きたい場合は、フィリピン人を含む複数名で行くこと、そして大金やアクセサリーなどは身につけず、できるだけ質素な格好で行くようにしましょう。
日本人はお金を持っており、しかも簡単に盗めると思っています。
これらは「治安の悪い場所」としてセブでは有名なエリアです。
このほか、夜に暗い道へ入って行くようなことは絶対に避けましょう。
フィリピンに限らず人気のない場所は行くのは「どうぞ襲ってください」と言うようなものです。
また、巨大ショッピングモールなどの一見安全そうに見える場所でも、荷物は常に前に持つなど、気を抜かないようにしましょう。
フィリピン人の月収は25,000円程度です。
日本と同じ感覚で大きな金額のお金を持ち歩くのも避けてください。
こういった知識をしっかり持って適切に行動すれば、セブはそこまで危険ではありません。
自分の身は自分で守るという意識を持って、楽しんでくださいね。
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら