フィリピンに住むならタガログ語は必要?

フィリピンはアメリカの統治されていた歴史もあり、英語教育に関してはアジアで最も進んでいます。
小学校から授業は英語で行い、生活は英語とタガログ語(セブならセブアノ語)などの母国語の二刀流です。
都市部であればどこへ行っても英語が通じます。
私たち日本人が観光でフィリピンを訪れたり、もしくは不動産を持つなどして長期的に滞在や移住をするとしても、まずは英語が話せればほぼ生活で困ることはないでしょう。
しかし、フィリピン人同士が会話する際も英語かというと、そんなことはありません。
英語は彼らにとっても外国語であり、やはりタガログ語の方がコミュニケーションしやすいのです。
また、田舎や郊外へ行くと、十分な教育を受けていない層もたくさんいて、彼らは英語をあまり話せません。
ですので、本格的にフィリピンに住もうと思ったら、やはりタガログ語が話せた方が便利です。
タガログ語が話せれば、彼らの会話が理解できるのはもちろん(悪口を言われていても分かります…)、タクシーでぼったくられることもありませんし、おかしな詐欺師に騙される心配も減ります。
ただでさえ日本人は英語も話せない人が多く詐欺のターゲットになりやすいですが、タガログ語まで出来ていれば、そうそうなめられることも無いでしょう。
もし興味があるなら、ぜひ学習してみてほしいと思います。
ただ、日本の学校のように、教科書で体系的に勉強するよりも、現地人と積極的にコミュニケーションをとって、体で覚えていった方が早いと思います。
読み書きはできなくても、リスニングとスピーキングができれば生活には困りません。
簡単な文法と単語だけ覚えて、あとは実践していくのがおすすめです。
ちなみに、もし不動産の視察などで一時的にフィリピンを訪れるのであれば、英語・タガログ語を操る通訳を雇うのもありです。
ゆくゆくは自分で生活できるレベルの語学力を身につけたほうが良いに決まっていますが、フィリピンという国は日本とまるで違う文化・国民性・習慣を持っていますから、言葉の壁でストレスが溜まることも多いと思います。
日本人向けのフィリピン不動産を扱うBTWINでは、資産運用の相談に乗ってくれるほか、日本語の話せる通訳を用意してくれます。
まずは現地に行く前に、フィリピンのスペシャリストに聞いてみてください。
  フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   Mammoth Affiliate登録用bnr   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら JAPANES BRAND ONLINE SHOP JAPAHINET   bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で BAINANCE