止まらない仮想通貨の成長とフィリピン

仮想通貨はこの数年で世界に劇的な影響を与えてきました。
電化製品やIT関連など様々なテクノロジーが発達していく中で、これだけのスピードで成長しているものは無いでしょう。
それも、お金という根幹を大きく動かそうとしているのです。

仮想通貨の誕生によって、現在銀行口座を持てない人たちも自由にお金を回すことができるようになりました。
フィリピンでも一般市民のほとんどが銀行口座を持てない状態で、それゆえに多額の手数料を払って送金や振込などを行なっていますが、仮想通貨には口座も高額な手数料も必要ないのです。
要するに、仮想通貨を利用すれば、経済的に苦しむ人々の生活を少しずつ潤していくことも可能なのです。

しかし、世界の金融にはヒエラルキーが存在しています。
現在の面倒な銀行システムによって私服を肥やしている層はたくさんいるのです。
彼らは当然ですが、仮想通貨のネガティブな部分に焦点をあて、連日メディアで報道しています。

仮想通貨に大きなリスクがあることは事実です。
また、今後どのように変化していくのかは誰も予測できません。
しかし実際のデータを見てみると、たとえばビットコインはたった1年で1000%も価格が上昇しています。
大手メディアはこの肯定的な側面ではなく1週間で20%下がったことを報道します。

しかし、仮想通貨を管理しているのは国でもなく銀行でもありません。
支えているのは、仮想通貨の発展を願うユーザーなのです。
それゆえに、これまでのルールは何も通用しなくなりました。
いくら干渉したくても、どんなに制圧しようとしても、もはや成長を止めることはできないのです。

仮想通貨に不安や恐怖を覚えるのは、単に未知の部分が多すぎるからです。
しかし、インターネットを使えば何でもやり取りできるこの時代に、外貨送金に何日も時間がかかったり、人件費や手数料がかかっているのは滑稽なことではないでしょうか。
金融システムはいまだに文明の利器を利用できていない状態なのです。

仮想通貨はビットコインのほかにも何百、何千種類と存在しています。
市場はまだ人々に認知されていない部分が多いものの、今後利用が広がっていくことは間違いありません。
必要なリテラシーを身につけて上手に利用すれば、人々の生活を劇的に便利にさせ、豊かにするツールになり得るのです。

仮想通貨について、無関心や反対姿勢を保っていれば、時代の流れに取り残されて行くことでしょう。
現段階で導入するかは置いておいたとしても、どのようなリスクがあってどのような恩恵があるのかは、しっかり勉強しておくべきです。

フィリピンでは、日本と違い金融インフラが未発達だからこそ、仮想通貨が急速に発展しています。
投資目的ではなく「通貨」として、人々の生活の一部となってきているのです。
将来的に紙幣や硬貨を一切使わなくなる可能性もゼロではないでしょう。

フィリピンへビジネスで進出を考えている、あるいは将来的に移住を検討しているならば、なおさら仮想通貨を上手に使いこなせることが求められるかもしれませんね。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら