マニラでは今サラダ専門店が人気!

フィリピンに滞在してみると、野菜を摂るのがすごく難しいことに気づきます。
スーパーで売っているものはあまり新鮮でなく、味も劣ります。
だからと言って外食で摂ろうとしても、フィリピン料理は米と肉・魚が中心で野菜があまり入ってないんです。

事実、フィリピン人はあまり野菜が好きではないそうです。
年間の野菜摂取量は日本人が110キロなのに対し、フィリピン人はなんと14キロ。
濃い味付けの肉や魚と一緒に、大量の米を食べるのがフィリピンスタイルで、野菜はほとんど食べないのです。

しかし、そんなフィリピンでも昨今の世界的な健康ブームに乗っかって、野菜を中心とした食事を好む人が少しつずつ増えてきているようです。

メトロマニラでは、サラダのファストフード店が登場し、人気を博しています。
ターゲットは主に富裕層やオフィスワーカーなどです。
サラダ専門店が店舗数を増やし、中には行列をなしている店もあるのだとか。

2010年に出店した「JuJu Eat」(ジュージュー・イート)は、名前は焼肉屋のようですが、サラダ専門店の先駆けです。
現在メトロマニラに5店舗を構えています。
サラダはもちろんのこと、野菜ジュースやフルーツをメインにしたメニューもあります。

価格は150ペソ〜300ペソ(360円〜720円)程度で、フィリピン人にとって決して安いとは言えない設定です。
何しろメトロマニラの日給は、最低512ペソ(約1,230円)ですから、気軽にランチに使えるお店ではないでしょう。
それでも、富裕層には大人気で、毎日昼時はとても混み合っています。

同じような価格帯だと、シンガポール発の「Salad Stop」(サラダストップ)も人気です。
250ペソ〜360ペソ(600円〜864円)と、サラダにしては日本人にとっても高いと思える設定ですが、こちらも現在9店舗をメトロマニラで展開しています。
こちらはインドネシア、日本、韓国、マレーシア、スペインにも出店しており、どんどん世界進出を果たしています。

この他にも、「ヘルシーな文化をフィリピンに広めたい」として2012年に創業した「Go! Salad」(ゴー!サラダ)は、ニューヨークで料理を学んだ青年によって2012年に創業されました。
毎日食べて欲しいという思いから、価格はリーズナブルに100ペソ(240円)。
農園を所有し、そこで育てたレタスなどの野菜を提供しているそうです。

これらのサラダ専門店は、メニューが健康的なだけでなく、店内の内装にもこだわっています。
洗練された清潔感のあるおしゃれな店内で食べるサラダランチは、フィリピン人を気持ち的にも健康にしてくれるのかもしれません。
また、全体的に価格設定は高くなっていますが、今後フィリピン全体の賃金が上がれば、健康的な食事への関心はもっと高まると言われています。
アメリカでセレブが野菜やフルーツのスムージーを飲むのと同じような感覚ですね。
経済格差は依然としてありますが、富裕層が増えることで、こういったサラダ専門店はこれからも増えていくと予想されます。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら