マニラのトライシクルやジプニーって危険なの?

ネット上ではフィリピンは危険な国だという情報をいくらでも見つけることができます。
スリ、強盗、詐欺、果ては暴行、殺人まで、事件の話は絶えません。
ことマニラに関しては、本当にトラブルに巻き込まれることは珍しくないようです。

しかし、実際に行ったことのない人にとっては、これは恐怖を煽る情報でしかありませんよね。
フィリピンは勉強するにもビジネスをするにも、大きな可能性を秘めた場所です。
行ってみたいと考えている日本人は多いと思います。

実は、被害に遭っている人の多くは、本人にも過失があります。
フィリピンはあくまでも発展途上国ですし、貧富の差が激しい国ですから、日本と同じ感覚で夜道を一人で歩くようなことは避けるべきです。
トラブルを経験している人は、みんなほとんど、こう行った自覚が足りないように思います。

特にトライシクルやジプニーなど、地元のフィリピン人しか利用していないような交通機関を使うのは、あまりおすすめできません。
こういった車を運転しているのも、乗っているお客も、ほとんどが裕福ではありません。
よって、日本人がひょっこり乗ってくれば、何かしら金目のものを盗もうと考えるのは、はっきり言って当然のことなのです。

トライシクルやジプニーに関しては、乗っている間にカバンを開けられて金銭を盗まれていただとか、乗車料金をぼったくられたなどという話は日常的にあります。
確かに運賃は安いので、節約したい人には魅力的かもしれませんが、肝心の安全性に関しては最も低い乗り物です。

ましてや、タクシーですら安全と言えないマニラでしたら、トライシクルのような交渉型の乗り物では穏便にことが進むほうが珍しいわけです。

金銭を盗まれただけならまだしも、下手すると命の危険もあります。
フィリピンは銃が合法ですから、相手の要求に応じず喧嘩になった末、撃たれて死ぬことだってありえるのです。

こういったトラブルを避ける一番良い方法は、トライシクルやジプニーを極力利用しないことでしょう。
安全を最優先するのであれば、タクシーもしくはレンタカーがおすすめです。

フィリピンではレンタカーを借りて移動する日本人が多いです。
レンタカーといっても、自分で運転するわけではなく、ドライバー付きのものです。
マニラの道路を一度見ればわかると思いますが、日本人が運転できるような整然としたものではありません。

ドライバー付きのレンタカーなら、安全かつ料金も明瞭で、望む場所へ連れて行ってもらえます。

おすすめのエージェントは「PH DOOR」です。
身元のしっかりしたドライバーを手配してくれるのはもちろんのこと、車種も最新のものを用意し、快適に移動できます。
さらに、通訳やガイドまでしてくれるので、特に初めてフィリピンを訪れる人にはとても心強いと思います。

http://phdoor.net/

 

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら