フィリピンのクリスマス

日本ではクリスマスは宗教的なイベントというよりも商業的なイベントですよね。
10月末にハロウィンが終わると、11月から街がクリスマス色になっていくのが普通です。
そしてクリスマスイブの24日、クリスマスの25日が最も重要で、その2日間が終われば、次はあっという間にお正月の準備が始まります。
しかしカトリック教徒が80%を占めるフィリピンでは、日本と全く事情が違っています。
なんと、9月から1月までの4ヶ月間が、クリスマスシーズンなのです。
ハロウィンもありますが、クリスマスと同時進行なのだそう。
もちろん、クリスマスの当日は仕事はお休みで、家族で過ごすものとされています。
日本のように、恋人と過ごすというイメージもなく、家族や親戚が集まる日なのです。
逆にお正月は、日本では家族と過ごすのに対し、フィリピンでは花火を上げてパーティするのだそう。
4ヶ月続くクリスマスシーズンのうち、最も盛り上がるのはやはり12月です。
家族にあげるプレゼントを買うためにショッピングモールも大混雑。
お金が激しく動く時期ですが、同時にスリが増えたり、タクシーが全然つかまらなかったりと、日本人にとってはちょっと過ごしにくい時期になってしまいます。
セブも同様で、もし留学に行くのなら、12月は避けた方が良いかもしれません。
落ち着いて英語の勉強ができる雰囲気ではないですし、普段よりもさらに交通渋滞が激しく、犯罪率が高いのでオススメはできないです。
もし行くならセブシティではなくマクタンの方がマシです。
もちろん、キリスト教の国で本格的なクリスマスを体験してみたい!という方には、12月のフィリピンは楽しいかもしれません。
どこの会社でもクリスマスパーティを盛大に行いますし、12月にはボーナスもあるので、人々は喜びに満ちています。
伝統的なフィリピン料理「レチョン」(豚の丸焼き)を食べ、1年の恵みに感謝します。
日本にはない精神と文化ですので、観光で行くならクリスマスを体験するのも1つの選択肢ですね。
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら