フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

水だけじゃない!フィリピンで必要な衛生対策


フィリピンでは生水は飲めないのでミネラルウォーターを買って飲むこと。
これはフィリピンへ行く前にはよく注意されることですが、実はそれだけでは食中毒をちゃんと防ぐことはできません。
水以外にも、衛生面で気をつけなければならない点がたくさんあります。

<ジュース>
フィリピンの街を歩いていると、たくさんの南国のフルーツを目にすることができます。
中にはそれらをその場でミキサーにかけてジュースを提供してくれるところも。
日本では味わえない美味しさに感動する人も多いですが、最初からカットしてあったフルーツを食べたりジュースにして飲むことは危険です。
フルーツの内部がむき出しで置いてあると、ハエがたかっていることがよくあります。
現地の人にとっては何の問題もなくても、免疫のない日本人の口に入ればお腹を壊すこともあります。
また、たとえその場でカットしてくれたとしても、ナイフが清潔であるかどうか怪しいです。
いかにも不衛生そうな露店で食品を買うのは、ちょっとリスキーです。

<瓶ビールや瓶ジュース>
中身は密封されていて問題なさそうに見える瓶入りの飲み物は、実は飲み口がすごく汚れています。
輸送されてくる間に、すすなどが付いて黒くなっているのですが、フィリピンではレストランでもこのまま出してきます。
飲む前に、ペーパーナプキンなどで必ず飲み口を吹いてください。
現地人でもそうしています。

<氷>
よく考えればわかることなのですが、レストランで出される水に入っている氷も、ほとんどの場合は水道水から作られています。
ついつい日本と同じ感覚で、出された水をそのまま飲んでしまい、お腹を壊す人が大変多いです。
また、常温で保管してあったビールなどを、グラスに氷を入れて一緒に提供されることもありますが、これも同様に危険です。

フィリピンへ旅行、留学する際には、衛生面で日本とはかなり違うということを覚えておかなくてはいけません。
トイレの汚さや虫の多さなども、心の準備は必要です。


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら