フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

フィリピン人を雇用する際に気をつけたいこと


フィリピンで会社設立をすれば、現地でのフィリピン人採用も視野に入れることになります。
ただ、当然ながらフィリピン人と日本人では違いますので、採用時に気をつけたいことを知っておきましょう。

■雇用、労働条件は明確に
これは日本でもそうあるべきですが、フィリピン人は給料や休日のことなどは詳しく説明を求めます。
また、当然契約書に明記されていなければいけません。
日本のように残業代が出たり出なかったり・・などのような曖昧さは受け入れてくれません。
業務内容も同様で、基本的に契約書にない仕事はやりません。
やってほしいことは細かいところまで書くようにしましょう。

■手取りの給与も明確に
フィリピンは個人の所得税が高いため、最終的な手取りがいくらになるのかは彼らにとって大変重要です。
総支給額だけではなく手取りの数字も示してあげましょう。

■面接は1回のみ
フィリピンは優秀な人材がどんどん他企業へ流れていきますので、良いと思ったらなるべく早く採用を決めることが大事です。
日本のように、二次面接、三次面接・・・というスローなステップは省いたほうが良いでしょう。

■採用の2ヶ月前から求人募集を
フィリピンでは通常、退職の30日前までに会社に知らせることになっています。
そのため、転職活動を行なっているフィリピン人は、内定後でも1ヶ月間は前職に在籍することがあります。
人材の募集をかける際には、2か月前くらいから準備をしましょう。

日本とも最も大きな違いは、やはり条件の明確さを求められる点です。
給料のことは聞きにくい・・・などという文化はありません。
はっきりと分かりやすく提示しましょう。


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら