フィリピンで日本の電化製品は使える?

海外旅行や留学に行く際に、現地で携帯の充電器やドライヤーなどがそのまま使えるのか?は気になるところですよね。

フィリピンと日本では、電圧が違います。
日本の電圧は100ボルト、フィリピンは220ボルトです。
フィリピンの電圧は日本より強いため、日本の電化製品のコンセントをそのまま差し込むと壊れてしまいます。

ですので、フィリピンで日本の電化製品を使うには、220ボルトを100ボルトに変えてくれる変圧器が必要です。
変圧器は、大型の家電量販店に売っていますが、フィリピンでも買うことができます。
ただし、いわゆる旅行用の簡易タイプではなく、本格的なもので、値段も1万円近くするので、日本で買っていった方が良いかもしれません。

ただし、スマートフォンに関しては、概ね100〜240ボルトに設定されており、変圧器なしでも充電可能な場合が多いです。
念のため、本体の表示は確認してください。

ノートパソコンも同様の電圧ですが、フィリピンでは停電の影響で電圧が不安定ですので、データが飛んでしまわないように変圧器を使ったほうが無難です。

ドライヤーは、消費電力が高いため、100ボルトの変圧器は使えません。
無理やり使おうとすると発火するなどの危険性があるので避けてください。
こういった、電圧の高い製品に関しては、現地で調達したほうが楽だと思います。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら