フィリピン留学ってスパルタなの?

フィリピン留学の特徴として、「スパルタ教育」が挙げられることがあります。
欧米への英語留学と比べると、かなり厳しく勉強させられるということです。
具体的にはどのようなスタイルなのでしょうか。
学校によっては、下記のようなルールがあります。

■平日の外出禁止
英語の勉強に集中するため、平日は外で遊ぶことを禁止している学校があります。
1日中校内にいて勉強し続けなければならないのです。
フィリピンは夜遊びが楽しいスポットも多いため、こういった誘惑から生徒を隔離する規制です。

■授業時間が長い
基本的な授業時間が、欧米の語学スクールよりも長く、5〜6時間あります。
また、平日は外出できないこともあり、夜も勉強に充てることになります。

■授業への出席率が高い
授業を休むことは基本的に認められません。
スクールは必ず授業へ出席するように促しています。
外出できないのですから、授業に出るしかありません。

厳しい環境のように思われますが、短期間で効果的に英語力を伸ばしたい人にとっては良いシステムですね。
費用対効果が非常に高い留学ができます。
スパルタ式を採用しているスクールはセブ島よりもバギオにあります。
ぜひ良いスクールを見つけてください!

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら