フィリピンのユニークな乗り物

フィリピンに行くと、日本では目にすることのない変な乗り物が走っています。
聞き慣れない名前のものもあるので、チェックしてみましょう。

◆ジプニー
名前の由来は「ジープ」です。
ジプニーもしくはジープニーとも呼ばれています。
もともとはアメリカの軍用車両だったものに、日本の中古トラック車軸やエンジンを組み込んで、フィリピン人が作っている車です。
16人乗りのものが多く、中には30人乗れるものもある乗り合いタクシーです。

 

◆トライシクル
三輪のタクシーで、定員は4〜7名程度です。
オートバイにサイドカーをくっつけたようなデザインとなっています。
料金をぼったくろうとする運転手が多いので注意が必要です。

 

◆タクシー
トヨタやホンダなど、日本の車両を使っています。
初乗り100円程度と格安ですが、観光客とわかるとぼったくろうとする運転手もいるので、必ずメーターを使っているか確認しましょう。
上記二つの乗り物と比べると、安全性は高いです。

 

フィリピンでは世界でも有数の道路渋滞がひどい国ですが、一人で外を歩いて帰るなどは危険な行為です。
移動手段は賢明に選びたいところですね。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら