ドゥテルテ大統領とトランプ大統領が友好的発言

12月12日、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国そして日本、アメリカ、中国、ロシアなど18国の首脳がフィリピン首都マニラで夕食会に出席しました。
この夕食会を主催したのはフィリピンのドゥテルテ大統領です。
ドゥテルテ大統領は夕食会の前の会合で、「我々は友人でなければならない。様々な問題で中国をはじめとする各国と対立させようとする短気な人々がいるが、東シナ海問題は手をつけないのが最善だ。戦争をする余裕なんてどこの国にもない。」と発言し、国同士の争いについて触れないよう、友好な雰囲気を作りました。
就任以来、大胆で過激な言動を繰り返してきた彼にしては、ずいぶん平和的な発言です。
また、トラブルメイカーとして名高いアメリカのトランプ大統領も、南シナ海問題での仲介役を買って出ました。
「中国と長いこと問題を抱えていると思う。私は仲介することが得意だからもし手伝えることがあれば知らせてほしい」とコメント。
現在ASEANの4カ国と台湾は、南シナ海の領有権をめぐって中国と対立しています。
普段は罵り発言や人権侵害とも思える行動で悪評を得ている二人の首脳がここでは平和を訴えるという、興味深いシーンとなりました。
  フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   Mammoth Affiliate登録用bnr   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら JAPANES BRAND ONLINE SHOP JAPAHINET 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin   bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で