マニラでの生活費はどのくらい?

海外移住先としてフィリピンを考える人は多いですよね。
その理由は、生活費が安いから、というところが大きいと思います。
しかし、漠然と安いといっても、実際はどのくらいのお金で生活できるのでしょうか?

<家賃>

マニラの家賃相場は、もちろん立地によりますが3,500ペソ〜15,000ペソ(約7,000円〜3万円)程度です。
当然、マカティやBGCなどの富裕層が住むエリアは高くなります。

フィリピンは治安がよくないため、セキュリティレベルによっても家賃が変動します。
24時間体制のセキュリティがあるコンドミニアムなどでは、ゲートにガードマンが立っており、安全です。
セキュリティなしの家は家賃も安いですが、やはり安全とは言えません。

また、ジムやプールなどが付いている高級コンドミニムは、日本の普通のマンションと大差ない価格であることもあります、

<光熱費>

フィリピンは電気代が高いことで有名です。
東南アジアの中では最も高い国で、日本とほとんど変わりません。
暑いからとエアコンをつけっぱなしにすると、1ヶ月3,000ペソ〜5,000ペソ(約6,000円〜1万円)かかることもあります。

フィリピン人の所得から考えると非常に高く、生活を圧迫しています。

逆に水道代は安く、一人なら50ペソ〜100ペソ(約100円〜200円)。
電気でお湯を沸かしてシャワーを浴びると電気代がかさみますが、水シャワーだけなら水道代はそこまで負担にならないでしょう。

暑いので、日本人でも水シャワーで生活している人は多いです。

<食費>

一番安く済ませるには、地元の食堂や屋台を利用するのが良いでしょう。
ご飯とおかず1品で100円くらいからです。
しかし、衛生的でないお店もあるので要注意。

ジョリビーやマクドナルドのようなファストフードは50ペソ〜250ペソ(約100円〜500円)程度、ちゃんとしたレストランに入ると500ペソ(約1,000円)くらいかかります。

<交通機関>

フィリピンには、バス、ジプニー、電車、タクシーがあり、どれも値段は高くないですが、スリが多く日本人が乗るのは勇気が要ります。

一番安心なのはタクシーで、初乗り40ペソから。
ぼったくりもよくありますが、仮に損したとしても数百円程度です。

このように、フィリピンでの生活は、うまくやればかなり安く済ませることができます。
月10〜15万円もあれば、多少の贅沢をしながらでも十分暮らせると思います。

  フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   Mammoth Affiliate登録用bnr   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら JAPANES BRAND ONLINE SHOP JAPAHINET 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin   bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で