増えすぎる人口とカトリック教会の圧力

人口増加による経済発展が著しいフィリピン。
その出生率は現在3.54%です。
少子化が進む日本の、約3倍の子供が生まれています。
世界的に見ても最高レベルです。

なぜフィリピンの出生率はそこまで高いのでしょうか?
その背景には、大きな権力を持つ「教会」があります。

フィリピンの人口の8割はカトリック教徒です。
カトリック教では、離婚も避妊も禁止。
そのため、子供ができる確率は高いですし、できたら必ず産むわけです。

フィリピンでは、教会が政治に口出しすることもできます。
政教分離なんて言葉はありません・・・。

ですから人口は自ずと増えるというわけです。
しかしここで問題になってくるのは、生まれてくる子供達を養えるだけの経済力が、親たちに無いということです。
生まれたはいいものの、きちんと学校へ送ることもできず、結局は学歴がないために、まっとうな仕事に就くことができません。
このことが、フィリピン全体の貧困問題を深刻化しています。
事実、住民の3分の1はスラムに暮らしているのです。

この問題を受けて政府は2012年、避妊具を国民に無料で配布する法案を出しました。
しかしカトリック教会はこれを邪悪だと言って認めず、結局2015年まで違憲だと言われていました。

合憲とされた現在でも、フィリピンで避妊具を買うのは難しいです。
やはり多くの国民がまだ「避妊」=「悪いこと」という考えを持っているため、堂々と売ったり買ったりすることはできないのです。

結婚、離婚、妊娠、中絶、出産・・・
すべての権利が自由に与えられている日本人女性にとっては、想像のつかない世界かもしれません。

しかし、フィリピンのように宗教が絶大な権力を持っている社会では、一度根付いた考えを覆していくのに何年もかかることでしょう。

  フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   Mammoth Affiliate登録用bnr   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら JAPANES BRAND ONLINE SHOP JAPAHINET 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin   bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で