フィリピンでの銀行口座開設に必要なもの

今はどこでもクレジットカードが使えるようになっていますが、フィリピンでの普及率はまだまだです。
だからこそ、何度もフィリピンへ足を運ぶ人は、フィリピン現地に銀行口座を持っていれば楽ですよね。
しかし、海外で外国人が銀行口座を開設するのは、なんとなく難しいイメージを持っている人も多いはず。
フィリピンの場合はどのような仕組みになっているのでしょうか?

フィリピンに単に何度も旅行に来る、というだけだと、断られることも多いでしょう。
そのため、短期でも良いので住む場所を確保しているかどうかを証明しなければなりません。
その住所に届いた郵便物などを持っていれば間違いないですね。

ほとんどの銀行で、下記のものが必要となります。

・パスポート
海外に来ているので、持っていない人はいないでしょう。

・ID
これは、いわゆる「エイリアンカード」と呼ばれているものが一番有効です。
フィリピンで何らかのビザを取得するともらえる、外国人証明書のようなものです。

・証明写真
日本の銀行で顔の写真はいらないと思いますが、フィリピンで口座を作る際には必要です。
何枚か持っていきましょう。

・現住所を証明できる書類
上記に示したような郵便物や、水道やガス料金の明細などが有効です。
原則としてフィリピン在住でないと開設できません。

・最低預金額
実はフィリピンの銀行では、最低預けておかなければならない金額というのが決まっています。
日本は0円からでも口座を維持できますが、フィリピンで最低額を下回ると口座維持費がかかるので要注意です。
最低預金額は銀行によって異なります。

フィリピンでは大きな金額の現金を持ち歩くのは危険ですし、カードが使えないお店も多数あるため、やはり現地に住むなら銀行口座は絶対にあったほうが便利だと思います。
日本からの海外送金も楽です。
ぜひ参考にしてフィリピンで銀行口座を開設しましょう!

  フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   Mammoth Affiliate登録用bnr   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら JAPANES BRAND ONLINE SHOP JAPAHINET 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin   bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で