フィリピンのスラム街「スコーター」

日本は世界的に見ても裕福な国のひとつで、いわゆる「スラム」と呼ばれるような地域は存在しません。
しかし、フィリピンは経済成長が著しい一方、その格差も大きくなっています。
貧乏な人たちは、より貧乏になっていっているのです。

彼らが住むスラム街は「スコーター」と呼ばれ、首都マニラでも至るところに点在しています。
スコーターとは「squatter」のことで、要するにしゃがみ込んで場所を占拠している人たち、という意味合いです。
観光客などが初めてこの光景をみると、マカティやBGCのような高層ビル群との差に驚くことでしょう。

狭い路地に所狭しとプレハブの住居が並び、大人も子供も低賃金で生活しています。
彼らと話をしてみると、案外普通に優しい人たちだったりするのですが、やはり犯罪者やヤクザが多く、治安は非常に悪いエリアとなっています。
何も知らない日本人が紛れ込めば、無事には出てこられないとも言われています。

彼らの仕事は主に、男性は三輪タクシーなどの運転手、女性はメイドや風俗嬢です。
日本人は簡単に大金を出してくれるため、必死に客引きをしようとするのも無理はありません。
パブや風俗で働く女性たちが日本人男性との結婚をこぎつけ、その夫が買った家に嫁一家全員で引っ越してくる、なんていうのはよくある話です。
生活のため、家族のためなら、売春や人を騙すことなどわけないのです。

スコーターで暮らす人々には、もちろん社会保障のようなものもなく、その地域には消防車などが入る余地もありません。
そのため、火事が起こって広範囲に渡って燃えてしまうことも多々あります。

当たり前ですが、スコーターを見つけても興味本位で近づくようなことは絶対にやめましょう。
よく日本のテレビ番組などではドキュメンタリーに取り上げられたりしていますが、実際には現地の人でもつてなしで入るのは難しいと言われています。

ただ、こういった背景があってフィリピンの安い人件費が成り立っていること、教育格差が経済格差を広げていることなどは、フィリピンを訪れるのであれば知っておく必要があるのではないでしょうか。

  フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   Mammoth Affiliate登録用bnr   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら JAPANES BRAND ONLINE SHOP JAPAHINET 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin   bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で