フィリピンの光熱費ってどのくらい?

フィリピンでの電気代の高さは結構有名ですが、その他、ガスや水道はどうなっているのでしょうか。
光熱費が高ければ、いくら物価が安くても生活コストはそこまで割安とも言えません。

そもそも日本は物価を含めてすべての料金が世界的に見て高い国です。
日本と比較すれば発展途上国のフィリピンは当然安く済みそうな気がしますが・・・

<電気代>
これはもう、間違いなく高いです。
もちろん生活の仕方によっては節約は可能ですが、JETROによれば、

1キロワットあたり
・マニラ:0.22ドル
・セブ:0.22ドル
・東京:0.16〜0.25ドル

東京の方が高い場合もありますが、平均するとフィリピンの方が高いという結果です。
フィリピン人の平均日給が800円程度であることを考えると、かなり高いですよね。
また、フィリピンでは都市部でもしょっちゅう停電します。

<水道代>
水道代に関してはフィリピンの方が安いです。

1立方メートルあたり
・マニラ:0.29ドル
・セブ:0.38〜1.07ドル
・東京:0.2〜73.4ドル

東京は使い方や地域でかなり差が出ているようです。
ちなみにフィリピンでは水シャワーを浴びるのが普通になっています。

<ガス代>
シャワー時にガスを使わなければ、使うのは自炊する時くらいですので、かなり節約できます。

・マニラ:(1kgあたり)1.16〜1.45ドル
・セブ:(1kgあたり)1.16〜1.46ドル
・東京:(1㎥あたり)1.07〜1.38ドル

いかがでしょうか?
総じてフィリピンの光熱費というのは、若干日本よりは安いかな?という程度であって、特別安い印象はないと思います。
フィリピン人の生活が苦しいのも理解できますね。
私たちにとっても、やはり使いすぎれば決して安いものではないでしょう。
暑いのでエアコンやシャワーはついつい使いすぎてしまうことが多いので気をつけてください!

  フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   Mammoth Affiliate登録用bnr   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら JAPANES BRAND ONLINE SHOP JAPAHINET 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin   bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で