ボラカイのビーチと環境汚染

フィリピンのリゾート地としてまず最初に思い浮かぶのはセブでしょう。
しかし、セブの北東へ行くと、「ホワイトサンドビーチ」で有名なボラカイがあります。

ボラカイは、アジアで最も美しいとされるビーチがあるにも関わらず、日本人観光客はまだまだ少ない穴場スポットです。
ヨーロッパからは多くの観光客が訪れています。

1990年頃までは、一部のバックパッカーにしか知られていない秘境でした。
電気もなく、夜は火明かりのみで過ごすような場所だったのです。
しかしその後、世界最高のビーチの1つに選ばれてからは、電気と水道が整備され、本格的な観光地開発が進んでいきました。
現在は数多くのレストランやバー、銀行、病院なども建設されて便利になったものの、人口の増加や汚水、廃棄物などが問題になってきており、政府も対策を講じ始めています。

ボラカイは、ビーチだけでなくこじんまりとした街も魅力のひとつです。
セブのように空港から街まで移動する時間も長くないですし、トライシクルやレンタルバイクでどこへでも行けてしまいます。
タクシーもなく、素朴さが残る田舎の島です。

空港はないため、ボラカイへ行くにはパナイ島のカティクランという街からボートで15分ほどです。

喧騒を忘れて、ビーチでのんびり過ごし、息を呑むような美しい夕日を見る。
そんな休日もいいかもしれません。

ちなみにホワイトサンドビーチの砂は本当にきれいで、ついついお土産にしたくなっちゃいますが、持ち帰ることは禁止されていますので気をつけましょう。
いつまでも美しいビーチがなくならないよう、自然環境に配慮して遊んでくださいね。

  フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   Mammoth Affiliate登録用bnr   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら JAPANES BRAND ONLINE SHOP JAPAHINET 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin   bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で