日本人の口にも合う?フィリピン料理

フィリピン料理レストランというのはあまり日本で見かけないので、馴染みがないかもしれません。
しかし、フィリピンを訪れたならフィリピン料理も一度は試してみたいもの。
日本人にも食べやすい味と言われています。
ここではいくつか、代表的なフィリピン料理をご紹介します。

<シシグ>
豚の耳、内臓をタマネギと一緒にみじん切りにして炒めた料理。
ルソン島中央部のアンヘレスで有名です。
地域によってかなり味付けが変わります。
ちょっとグロい感じもしますが、モツの炒め物といったところですので、日本人でも好きな人が多いです。
ビールのお供におすすめの1品。

<レチョン>
お祝い事で食べられる豚の丸焼きです。
本当に、豚そのものの姿のままなので、初めて見るとインパクトは大きいかもしれません。
焼いたレバーから出る汁を材料にしたソースで食べます。

<シニガン>
タマリンドを使った酸味のあるスープです。
タガログ人が昔から食べていた料理で、ビサヤ諸島やミンダナオ島では味付けが異なります。
魚、豚肉、牛肉、エビ、鶏肉などを、タマリンド、トマト、ニンニク、玉ねぎと一緒に煮込みます。
オクラやタロイモ、大根、ナスなどの野菜も入ることがあります。

この他有名なのは、半分孵化したアヒルの卵「バロット」や、代表的なデザートとして知られる「ハロハロ」などです。
フィリピン料理は一般的に、南国特有の産物を使ったもの、肉や脂っこいもの、味の濃いものが多いです。
ただ、現地には世界各国の料理がレストランで普通に食べられますし、日本食もあるので、フィリピン料理が口に合わなくても大丈夫ですよ!

  フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   Mammoth Affiliate登録用bnr   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら JAPANES BRAND ONLINE SHOP JAPAHINET 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin   bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で