フィリピンで病院にかかるには?

フィリピン滞在中に病気や怪我をした場合、どのように病院にかかれば良いのでしょうか?
特に発展途上国で受診するのは不安も多いですよね。

フィリピンは、ご存知の通り貧富の差が激しい国です。
そのため、医療レベルにも地域によって大きな差があります。
マニラやセブなどの大都市では、先進国と変わらない設備を持った医療機関があるため、まず心配いりません。
しかし、郊外やちょっと田舎へ行くと衛生レベルも低いため、時間がかかっても都市部の病院まで行ったほうが良いでしょう。

フィリピンの病院には、国立・公立・私立の3種類があります。
国公立の病院は医療費が安いのですが、いつも地元の人々で混み合っているため、日本人が行くなら私立の病院がおすすめです。

気になる言葉の壁ですが、マニラにはフィリピン在住の日本人が作った「日本人会」の診療所があり、そこでは日本語が通じます。
ただし、フィリピン全体で見れば日本語ができる医師が多いわけではないので、もしも渡航前から病院に行く予定があるなら、あらかじめ英文の診断書を日本で準備していく必要があります。

また、私立の病院は医療費が高いため、保険への加入は必須です。
フィリピンに着いてすぐに体調を崩すこともあるため、日本で加入してから出発することをおすすめします。
フィリピンでは受診する前に支払い能力があるかどうか確認されることも多いため、病院へ行く際はクレジットカードや現金も忘れずに持って行きましょう。

フィリピンで一番かかりやすい病気は食中毒です。
やはり衛生環境があまりよくないため、間違って生水や切り売りされた果物などを食べてしまった際に、お腹を壊すことはよくあります。
また、外は暑く屋内はエアコンが効きすぎていて寒いので、気温差で風邪をひく人も多いです。

日本ではめったに感染することのない、コレラやマラリアにかかることもあり得ます。
これらは食中毒や高山病と間違いやすく手遅れになると命にも関わるため、ちょっとでも体調が変だと思ったら、むやみに市販薬で治そうとせず、すみやかに医療機関を受診するようにしましょう。

フィリピンでもし救急車を呼びたい場合は、117に電話をします。
ただし、マニラでは渋滞がひどく、日本のように迅速に到着するわけではありません。
救急車を待つよりタクシーに乗ったほうが速い場合もあります。

渡航前に保険に入ること、病院に行く予定があるなら英文診断書を用意すること、病院へ行く際には現金を持つこと。
これらをしっかり覚えておいて、フィリピンで安心して生活できるようにしてくださいね。

  フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   Mammoth Affiliate登録用bnr   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら JAPANES BRAND ONLINE SHOP JAPAHINET 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin   bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で