フィリピンの地域特性と物件事情

フィリピンと訪れて日本と明らかに違うと感じるのは、地域によって貧富の差が激しいということです。
日本でもいわゆる高級住宅街と呼ばれている地域や土地の価格が高いエリアはありますが、フィリピンほどの大きな格差はありません。

フィリピンでは大きく、富裕層が生活するエリア・一般市民のエリア・スラム街に分かれています。
富裕層が生活するエリアでは、日本と同じようにきれいなスーツに身を包み、車で仕事へ出かけるのは普通のことです。
日本人が移住する際も、こういった富裕層のエリアに住むが一般的です。

現在日本人がフィリピンに住む際に最も主流となっているのはコンドミニアム。
大抵は、24時間体制の警備に、プール、ジムなどもついているホテルさながらの設備が整っています。
賃貸で住むことも可能ですし、購入もできます。
期間によっては、サービスアパートメント(ホテルよりも安価に清掃などのサービスがある)を検討するのも良いでしょう。

また、フィリピンでは一軒家を借りて住むことも可能です。
ファミリーには選択肢の一つになると思いますが、セキュリティに関してはコンドミニアムほどの体制が整っていないところもあります。
もちろん、厳重なゲートに囲まれた高セキュリティの一軒家もあります。

ひとつ注意したいのは、フィリピンでは外国人が土地の購入ができないということ。
フィリピン人しか買えないのです。
日本人の多くが、土地所有権の要らないコンドミニアムを選ぶのはこのためでもあります。

フィリピンに住もうと思っても、日本とはいろいろと事情が異なっていますので、まずは一度視察に訪れてみることをおすすめします。
その際は、現地で日本人アテンドや通訳をつければ安心ですよ。

  フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   Mammoth Affiliate登録用bnr   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら JAPANES BRAND ONLINE SHOP JAPAHINET 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin   bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で