フィリピン不動産はなぜ投資リスクが低いのか?

日本人がこぞってフィリピン不動産に投資しようとするのか?
その理由は、リスクが低くある程度の勝算があるからです。
具体的にどのようにリターンが期待できるのかを見てみましょう。

■家賃利回りがアジアでNO,1
2016年のマニラ首都圏のコンドミニアム平均利回りは6.1%。
これはアジアで最高水準です。
ロケーションによっては年8%の利回りを実現している物件もあり、投資する魅力は非常に大きいものがあると言えるでしょう。
今後も長期的に安定した利回りが期待でき、家賃も上昇傾向です。

■空室率が低い
せっかく購入した物件に誰も住まなければ意味がありません。
しかしフィリピンは現在人口が爆発的に増加しており、住宅需要は高まる一方です。
マニラ首都圏の空室率は10%程度と低く、マカティの高級コンドミニアムは5%以下です。
ちなみに日本の住宅は20%と言われており、人口が減っていることから見ても、今後も上がることはあまり期待できません。

■貸主に有利な契約
フィリピンの高級物件では6〜12ヶ月分の家賃を先に納めるのが一般的です。
そのため、家賃の滞納や未納のリスクが低くなっています。

上記のような理由から、フィリピン不動産は十分な将来性を有していると言えます。
投資家たちにとって今が大きなチャンスだということは容易に理解できますね。

  フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   Mammoth Affiliate登録用bnr   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら JAPANES BRAND ONLINE SHOP JAPAHINET 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin   bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で