フィリピン、セブの医療費と薬代

フィリピンの医療費は、異常に高いことで有名です。
もちろん私たち日本人が遊びに行ったり留学する際には、海外旅行保険が適用になり、そこまで法外な医療費を請求されることはありません。
日本語が通じるヘルプデスクもあるので安心です。

しかし、フィリピン人にとって医療費は悩みの種です。
特にセブは医療保険のシステムが普及しておらず、病院にかかると全額負担を強いられます。

たとえば風邪をひいて診察を受け、薬をもらうと、それだけで1,000ペソほどかかります。
フィリピン人の給料は平均して8,000ペソ〜12,000ペソなので、給料の10分の1近くを持って行かれる計算になります。

これでは体調を崩しても簡単に病院に行こうと思えません。
そのため、フィリピン人は病気になっても病院に行かない人が大勢おり、そのせいで手遅れになるケースもあります。
家族が病気になって手術が必要になった場合、家庭の貯金をすべて使い果たさなければならないこともあるのです。

貧富の差の激しいフィリピンでは、富裕層だけがまっとうな医療サービスを受け、貧しい人々は病気に屈するしかないという状況です。
これは、今後フィリピンが向き合わなければならない大きな問題の1つと言えます。

  フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   Mammoth Affiliate登録用bnr   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら JAPANES BRAND ONLINE SHOP JAPAHINET 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin   bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で