英語とタガログ語、どちらが覚えやすい?

英語もタガログ語も全然できない、でもフィリピンへの移住を考えている、という場合、どちらの言語を学ぶべきなのでしょうか。
英語留学で盛り上がっている国ですから当然英語は通じますが、貧富の差が激しいフィリピンでは学校にまともに行けていない人も多く、英語での会話がスムーズにいかないこともあります。
あくまでも彼らにとって母国語はタガログ語(もしくはセブアーノ語のような現地語)です。

日本人が全くのゼロから学ぶ場合、難易度で言えば実はタガログ語の方が簡単と言われています。
というのも、タガログ語はローマ字読みすればある程度通じますし、中国語やタイ語のように声調もありません。
発音に関しても日本語にないものは、LとR、ニニョなどの少ししかありません。
文法は、動詞の変化形が多いため若干難しく感じますが、これは英語と似たようなものです。

もちろん、英語は万国共通語ですので、できるに越したことはありません。
外国語が苦手な日本人といえど、中高で英語はやっていますから、全くゼロということはないはずです。
そういった意味では、タガログ語を一から導入していくのは少しだけハードルが高く感じられるかもしれません。

また、フィリピンの言語は様々なものが複雑に絡み合っている上、細かく分ければ172以上になります。
その中で、「タグリッシュ」と呼ばれる英語とタガログ語を融合した言語も存在し、バイリンガルな彼らはこれを日常的に使っています。
英語・タガログ語両方を勉強していれば、このタグリッシュも理解しやすく、フィリピン人と円滑なコミュニケーションがとれるでしょう。

  フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   Mammoth Affiliate登録用bnr   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら JAPANES BRAND ONLINE SHOP JAPAHINET 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin   bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で