フィリピン料理ってどんなもの?

東南アジア料理店は日本にもたくさんあり、タイ料理、ベトナム料理などは一度は食べたことがあると思います。
しかし、フィリピンレストランというのはあまり見かけません。

フィリピンには、フィリピン原住民古来の食べ物から、アメリカ、スペイン、中国などさまざまな国の影響を受けた料理まで、とてもユニークな食文化があります。

その中でも、日本人がフィリピンを訪れた際に一度食べてみてほしいものをいくつかご紹介しましょう。

■アドボ

アドボは、フィリピン、スペイン、アメリカ各地にそれぞれの調理法のものが存在します。
フィリピンのアドボは家庭料理の代表的なもので、鶏肉、豚肉、野菜などを酢、ニンニク、醤油、砂糖などで味付けされています。
家庭によって具材や味付けの方法が異なり、日本で言うところのカレーのような、国民食です。

■シニガン

タマリンドなどの酸味のあるフルーツをベースに作るシチューです。
鶏肉、豚肉、えびなどを野菜と一緒に煮込みます。
地域によって味付けが異なります。

■ハロハロ

日本のコンビニなどでこれを売っているのを見たことがある人もいるでしょう。
ハロハロは、フィリピンの代表的なデザートです。
かき氷とミルクをベースに、果物、甘く煮た豆や芋類、アイスクリーム、ゼリー、ナタデココ、タピオカ、ココナツ、プリン、米やトウモロコシの加工品などを混ぜて食べます。
いわばフィリピン風パフェです。

その他、フィリピン人はお米が大好きなので、上記のような料理と一緒に大量のご飯を食べる習慣があります。
フィリピンに行った際には、ぜひ試してみてくださいね。

  フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   Mammoth Affiliate登録用bnr   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら JAPANES BRAND ONLINE SHOP JAPAHINET 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin   bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で